月山遠征

今季初のBCはスプリットボーダーのN氏、B氏両名との月山。
天気予報から午前中勝負!と意気込んで、登山口に付くと湯殿山がどかーんと見えて期待が高まり、無風快晴の中登り始めるも、姥沢に到着する頃から雲が厚く、風も強くなる。
とりあえずの目標をリフト終点として登っていくが、高度を上げるにつれ風も強くなり、斜面もシュカブラ道場に。リフト終点につく頃には山頂方面は完全に吹雪真っ只中のため、ここで撤退。
滑り出しもがりがりで、使い切った脚で踏ん張りがきかず思うように滑れず苦戦。
若干高度を下げると吹雪も弱まり、リフト下の新雪斜面に突っ込むも、あっという間のショートレングス。
リフト駅舎の下でさっと昼食をとり、姥沢方面へのトラバースのアルバイトを経て、尾根沿いに下山。
最後の林間はこの上なくよい雪。脚を残していればと悔やまれるところでした。

ということで、久々に稜線で吹雪にたたかれ、しばし忘れていた山熱に火がともった山行となりました。

 快晴。正面は湯殿山。
 この標識はお決まりポイントのようです
 姥沢付近にて天気が・・・
 まもなくリフト終点
 後ろに月山がそびえている(はず)
N氏
B氏

コメント

このブログの人気の投稿

断念×2

2和ライド

あちゃー