投稿

1月, 2017の投稿を表示しています

メッシュ

イメージ
ICIからセールのお知らせが届いていたので、以前から試してみたかったファイントラックのスキンメッシュを購入。自転車でもつかるようにノースリーブをチョイス。
残念ながら、これは割引対象外でしたけど、はてさて、どんなもんでしょうかね。


腰上OHその4

イメージ
今日は自宅療養につき、バルブのすり合わせ作業に着手。
コンパウンドをつけてタコ棒でスリスリ。あたり面がでたかな~というぐらいでヨシとしました。

白煙の元凶と思われたバルブシールも新品に交換しましたが、バルブの組付では、最後のスプリングコッターの取付が超難儀。何回か試行しましたが、集中力がぷっつりと切れたので次回に先送りしました。

 スリスリするの図  ちっちゃい部品がバルブシール

アップ

イメージ
バードフィーダーに来たスズメ。こそっと撮影して、トリミングしてみました。
フカフカしてるなあ。

猫との闘い

イメージ
今年もバードフィーダーを設置していたら、ようやく小鳥がやってくるようになりました。
きちんと確認していないけど、ヒヨドリ?が最初にきて、今はスズメが何羽か来るようになりましたが、それに伴ってヤツ(猫)も来ました。
小鳥が来るようになってしばらくは形跡がなかったのですが、先日の雪のあとにしっかりとフィーダーに立ち寄る足跡が残ってました。

 ○がフィーダーで、矢印が猫の足跡 証拠です(笑)
ちょっと高めに設置はしていたのですが、寄せた雪で届く高さになってしまっていたので、慌てて場所を高い場所に変えたら、スズメがまた戻ってきました。個人的にはカラ類にも来てもらいたいところです。

それにしてもすごい勢いで餌が減っていくぜ。

 盗撮を察知して逃げるスズメ

小路をぶらり

イメージ
鳥海日本酒サミットのためにかほ市へ。
宿に車を置いてから、会場まで小道を通ってぶらり散歩。
いろいろな発見があって結構面白く、カメラ片手のぶらり街歩きも悪くないなあ。


 漁港と雲  鳥海山頭見えず  懐かしの電話ボックス  あられ=イタイ 河口とボート  小路を歩く ゴールは日本酒サミット

シールカット

イメージ
新板用のシールを調達。
ポモカと迷ったけど、Coll-texのWizzzをチョイスしてみました。
そして、久々のシールカット作業。こうした内職も(が?)好きです。 それにしても太いから嵩張るなあ。。。  みどり~♪  テールの加工風景

スキー子供の日

イメージ
この寒波で雪も積もったのでオーパスへGO。
なんと今日はスキー子供の日ということで小学生が510円でした。
そのせいか、家族連れを中心に大賑わいで、H家やわらたちのクラブチームの友達にも遭遇。考えることは同じですね。



そして、今日は中古の新板おろし。
T2で踏めるかどうか不安だったけど、フレックスが適度で操作感も軽くて全く問題なし。オンザレールなカービングはしんどいけど、そんな乗り方する板でもないしね(笑)。


腰上OHその3

イメージ
昨日からつけ置きのバルブ。
排気側はごってりカーボンが固着していて、つけ置きでもほとんど剥離はしてこなかったので、エーイ、とスクレイピングで削りとって、スチールウールで仕上げ。
全く見えなかったバルブの刻印が見えるようになり、燃焼室側がある程度きれいになったのでよしとしましょう。


 左が排気、右が吸気バルブ カーボンで見えなかったセンターの刻印が!

腰上OHその2

イメージ
またまた小春日和にバイク整備。
今日はシリンダーヘッドのバルブ外しです。
ところが、通販で買った道具(コンプレッサー)のネジ山の精度が悪くて、ネジがはいっていかない。。。
返品可能期間は過ぎているし、うーんと、思案しつつ強引にねじ込んだら開通したでイガッタ。
無事、道具を使ってスプリングを外してバルブを抜きました。バルブはキャブクリーナードブ漬けのため写ってないです。


おそらく、オイル漏れ(オイル下がり)の原因であろうバルブシールはこやつ。こんな小さい部品がネックになるとは、なんともはや。

あとはバルブにこびりついたカーボン落としですが、ドブ付けしたけど燃焼室側が手ごわい・・・



粉雪

イメージ
久しぶりに使ったへストラの3フィンガーから白い粉がはらはらと。。。粉雪か?!
ひっくり返してみたら、ナイロン地の防水コーティングが劣化して剥がれてきてました。
けっこうハラハラと絶え間なく落ちるので、剥がせるところははがしてやろうと歯ブラシでゴシゴシしたけど、劣化具合が違うようでなかなかきれいには落ちません。
まあ、支障はないので(厳密にはあるけど)、あらかた落としてよしとするしかないかな。。。

森吉クルージング

イメージ
わらしのスキートレーニングで森吉へ。今回は妻子が不在のため息子と2人旅。
暖かい気温でしたが雪質はよく、それほど混んでもいなかったので4時間券で十二分に満喫。
山頂部では育ちつつある樹氷も見れて、いつもお世話になっている方々にもお会いできました。

が、ほぼノンストップで滑るわらしについていくのがしんどくなってきた。。。年かな(笑)

 山麓は雪少ない  いい天気です 成長途上のモンスター

山岳ウォッチ

イメージ
本年も当ブログをよろしくお願いしますm(__)m

さて、新年1つ目のネタは山時計のプロトレック。
高度、方位計測をしようとすると「電池少なくてはかれません・・とほほ」と申告するようになったので、新しい電池を投入。もはや何回目かわからないですが、まだまだ十分に動いてくれます。
さすがに防水パッキンが不安ですが、新しいのはないのでグリスをまぶして封印。
水中にもぐるわけではないので、多分大丈夫でしょう。

作業途上の図  完成