稲刈り

先週末は稲刈りの手伝いに実家へ。
病み上がりの娘を実家に残して、かみさんと息子は別働でしまっこ刈り、私はフレコンへの積み込みを手伝ってきました。


天気もよく、いい農作業日和でした。空が高い!



(オマケ)
夕暮れ時、かみさんたちが刈り取った稲を束ねて運んでいたら、向かいの雑木林から”バキバキバキッ”と立木が倒れる音がしました。風もないし、栗の木もあったので、もしかしてクマか!と身構えましたが、幸いにもこちらに出てくることはありませんでした。はたして、クマだったのでしょうか?

コメント