投稿

8月, 2016の投稿を表示しています

異様

イメージ
先日の台風が来る前の夕焼け。ただでさえ画質の悪いMyスマホなので、うまく撮れていませんが、紫っぽくちょっと異様な色合いでした。気味が悪いというか。。
また、台風くるなあ。

エンドも?

イメージ
先日ショップにお願いしたBBメンテから愛車が戻って来ました。
グリスアップで音鳴りはやんだようですが、引き渡しの際に店員さんの

「エンドも少し曲がってたので、併せて治してディレイラーの調整もしておきましたよ。」

との言葉にショック(+_+)
全然気付いてなかった…。
しかし、そこはエンド修正を経てのプロ調整だけあって、ギアがスパスパ決まるようになりました。
自分では完全に追い込めず、どうせ使わないしと諦めていたアウター×ロウやインナートップのクロスもしっかりと決まって気持ちE!
いずれは、自分でもそこまで調整できるようになりたいものです。

が、試走で走り出した落日ライドは甲虫がぶつかってきて痛かった(笑)

おい、お前。エンド曲がってたってよ。 グリスたっぷり(走った後で砂まみれですが・・)

グリスアップ

許可がでてのリハビリライド。
前回よりアップダウン含みの朝ライドで例の異音が再発。6月頃にグリスアップしたBBでしたが、登りでトルクかけると軽めにパキという音が聞こえだしました。

バーストしたチューブの代わりを買い足しながらお店に相談したら、「それだったらグリスアップですね。(BB30の)グリスは専門のやつになりますよ。」とのことで、自分で塗りこんだデュラグリスではよくないような話しぶりに不安を感じたことと、グリスアップからたいして乗ってないのに再発したので、これはプロに任せた方がいいだろうと思われ依頼を決意。

一度自宅に戻り、電話してから持ち込んだのですが、先客万来で大繁盛。愛車を引き受けしてもらまでしばし陳列しているバイク、パーツを眺めてましたが、物欲刺激されてあまりよくないですねえ(笑)

バースト

イメージ
リアタイヤの空気が1日ですっからかんになるようになったので、チューブを交換。
しばらくして

”バン!!”

という大音量が家中に響き渡りました。米をといでいたオレも、居間にいた娘もびっくり仰天。
チューブ噛みでバーストしたようです。噛んでいないかのチェックをし忘れたのがいけなかった。。。反省

バーストした新品チューブ(>_<)
今回、チューブ交換と併せて貫通バンクの箇所を手直ししてみました。ボンドで浮いたゴムを固めて、タイヤブートを張り直し。しかし、すでにエアが入ってしまっていてダメっぽい感じです。こりゃ、タイヤ交換かな(ToT)/~~~




大ポカか2

イメージ
先日、不動産化していたカブ。

前回燃料タンクが空になっていたのに気づいて、給油してみたその後ですが、給油後は全く問題なくエンジンが回っています。アイドル調整もしたせいか、停車時のアイドリングはかえって安定したぐらいでした(笑)。
ついでに少し音が五月蠅いマフラーを純正に戻そうとしたのですが、なんと下面に穴があいていました。パテで直した形跡も1か所あるし、ふるとザラザラと砂のような音まで。。マフラーは白煙問題が落ち着いたら考えることにします。

今回の原因は200㎞ちかく走って無給油だったせいでした。燃料計がスピードメーター内にないのと、リッター50㎞ちょいという燃費の良さが招いた大ポカでした。以後気を付けようっと((+_+))

こやつ曲者ですぜ(笑)

許可

左足しびれ再発から約1か月ちょい経過し、左足にも力がかけられるようになってきたので診察をしてもらいに行ってきました。が、盆明けの整形外科は激混み。。。
2時間半ほど待ってようやく診察。

問診のあと、触診などをして先生曰く、

「うん、かなり足に力入れられるようになってきてるので、ヘルニアは引っ込んだみたいだね。残っているしびれは神経がまだ回復していないからだと思うよ。」

との診断。これは!とばかりに

「やった。せば、少し運動再開してもいいすか。」

とたずねてみると、

「そうだね。少しずつならやってもいいよ。ただし、少しずつね!」

との回答。やったぜー。

まだ腰全体が重く、左足がピリピリしてり、妙な筋肉痛が出たりしていたのでもう少し猶予が必要かと思っていたけれど、お墨付きがでたので徐々に運動(=自転車になってますが)再開したいと思います。

激戦区だった

イメージ
同級会の前に役内川水系にて一振り。

渇水に加えて川岸には真新しい足跡がくっきり。さすがに激戦区+激戦時期です。
竿抜けなポイントからも反応があまりなくて、こりゃあだめかなあと思いながらも粘り強く丹念に落としていくと、わりかしオーソドックスなポイントから反応があって???な感じ。
でも、絶対数はやっぱり少なく2時間ほどで数匹。その中でも写真の幅広ヤマメはGOODでした。






星空週間

イメージ
今年は絶好の観察条件とのことで、期待しての観察。
都合5回ほど観察。前評判ほどは多く流れなかったような気もするけれど、子供らとも宙を眺めたよい星空WEEKでした。

 流星(森吉にて)  田んぼに映る星(実家にて)  満点の星空(実家にて) 流星軌跡(実家にて)

リハビリ走をば

イメージ
ヘルニア再発から約1か月。左足の感覚もかなり回復してきて日常生活にはほぼ支障がなくなってきたので、恐る恐るのリハビリライド。
新城選手のイメージで骨盤入れて猫背にならないように、かつ、負荷がかからないように気を付けながら30分ほど。痛みは出ずにひと安心。
早く全力でもがけるようになりてーなー( ̄▽ ̄)=3



クラフトから星空へ

イメージ
奥森吉にてクラフト。クワガタをわらしたちが作りました。


終了後、キャンプ場にてテント設営。まだまだ続きます。
再び野生鳥獣センターに戻って星空観察会。秋田大学の先生を講師に太陽、月、地球、火星、木星(衛星三つ!)、土星(輪っか!)の惑星群や、春の大曲線、夏の大三角などの星座を観察しました。夜が更けるにつれ徐々に増えていく星たちにため息がでます。そして極大を迎えつつある流星もちらほら。ISSらしき光も見ることができました。
すごく楽しったけれど、防寒対策が失敗。とても寒かった。。
カメラもアストロトレーサーがなぜかきちんと動かなかったので通常の長めの20秒露光でしたが、天の川くっきりで十分かな。魚眼ほしいぜ。

おおポカか

エンジンが止まるので、先日オイル漏れを治してもらったバイクやさんにキャブのパッキン買いによってみる。
お店のおっちゃんが親身に症状を聞いてくれて、
①キャブ(ただし、中見てみないとわからない)
②燃料コックまわり
③ガソリンタンクのキャップ
辺りかなと。ただ、いきなり止まるようになるのおかしいなと、頭を捻っておられました。古いし、気温高いのも影響してるかもしれないとのこと。
とりあえずは、教えてもらった辺りを確認してみることとして、部品は頼まずに退店。親切なお店でいがったです。

で、上の③を試してみようと燃料キャップを見るためにシートをあげて?

燃料計がEでしたが、なにか?

急いでガソリン買ってきてかけてみたら、アイドルは安定してる模様。
ただのガス欠だったのかどうかの結論は明日の試走にて(笑)



不動産化・・・

イメージ
ちょっとに出かけようとカブにまたがって、キックの始動儀式。
いつもなら1発でかかるのに、、、かからない。
チョーク目いっぱい引いてやっとかかったけど、アイドルが安定しなく、チョークを戻すとストンとエンジン停止。炎天下で2日放置したせいか?
プラグチェックでは若干カーボンがついていてややかぶり気味。火花はきちんと飛ぶので電装ではないみたい。アイドル調整をしてみてもダメだったので、おそらくキャブもしれません。うーむ(続く)

 原因はキャブ、お前か?!

白煙その後

オイル添加剤を投入したカブですが、やっぱり白煙は消えてくれませんでした。
まだ添加剤入れて職場数往復しか走ってないので、もう少し様子見ではあるけれど、これでダメだったら、

①再び添加剤(次は下がりに効果のあるというワコーズEPS)
②エンジン腰上OH
③エンジンスワップ
④みなかったことにする
⑤いっそ、買い替える

となります。費用的には④ < ① < ② < ③ < ⑤ でしょう。

④で見ないふりしてオイル足しながら乗るのもありかもしれませんが、エコを標榜する身としては周りからの視線にちょっと耐えられない(笑) 。
⑤はどうせ買い替えるなら二輪免許とって、制限速度も上がって、二人乗りもでき(するのか?!)なんといっても二段階右折の不要な125ccにしたい。
③は中古調達となるけれど、ロシアンルーレットになる恐れはなくもない。

安く調達したカブは、安くあげるのが基本なので自ずと現実的なのは①だべなあ、と思いつつ、②の部品やら③を某百貨店で探索中だったりします。はてさて。