貫通パンクその後

先日の貫通パンクを修理しようと、工具箱から引っ張り出したアロンアルファ。例によって、「私忘れ去られてましたもの(ノД`)・゜・。」と全て固化していて使い物にならず、代打のセメンダインスーパー「X」で補修してみました。

我が家の万能選手です

少しぬったくってからチューブの空気を抜いて密着させようとしたのですが、空気を抜いても密着しません。なんでだろう?とよくよく考えたら、タイヤブートが裏側から当たっているので縮もうにも縮めないのが原因でした。
仕方ないのでそのまま放置して固化させ、こんもりと「セメンダイン」の山が完成。

説明書きにあるようにコッチコチにはならず、弾力のある仕上がり。試しに空気を入れてみたところ、変なふくらみもでてこないのでそのまま試走してみましたが、修復箇所のごつごつ感は感じられませんでした。走行後も内圧で膨らんでくる気配はなく、タイヤの山もまだたっぷりなので、しばらくこれで様子を見ようかなと思います。



「X」の小山です

コメント

このブログの人気の投稿

断念×2

2和ライド

170501鳥海