クマバチ事件

ハウチワカエデの支柱付近に木くずが目立つようになりました。シロアリだったら嫌だなということで撤去作業をしました。
地際付近は腐っており、簡単に折れてアリの巣が登場。でも、シロアリではなくて普通の黒い小さなアリで一安心。どのみち支柱の役は終えているのでそのまま撤去し、ゴミ出し用に玉切りしてたら何やらブーンという音が支柱から・・・?
ひっくり返したら支柱に穴がポカリと・・?そして、その穴の中を黒い生き物が右往左往してました。

ということで、木くずの犯人はクマバチさんでした。
飛び出したクマバチはしばらく支柱があった付近を飛び回ってましたが、玄関付近だったためアブ+蚊用のアースジェットで退散してもらいました。

せっかくなので、巣をよく観察すると、侵入した穿孔から上下に竪穴があり、竪穴は上の方で分岐。片側は造巣中だったようで真新しい掘削跡で、片方には黄色い(おそらく蜜+花粉?)貯蔵物がありました。ここに卵を産み付けて閉塞させるらしいです。

ちょっと気の毒なことをしてしまいました。とはいえ、葉裏に潜むマイマイガの幼虫は容赦なく潰して、クマバチはかわいそうというのもヤッパシ、ヒトのエゴだなあ。




コメント