投稿

3月, 2015の投稿を表示しています

中島台から千蛇谷へ

イメージ
亀レポですが、先日の山行報告。
週末は天気が崩れる予報だったので、コレハイクシカナイと向かったのは鳥海山麓は中島台。
鳥海山でも屈指のスケール感を満喫できる超ロングルートです。
同行はfuku氏とトル猫氏の自遊人コンビ。

詳細は割愛しますが、鳥海の懐に分け入っていくこのコースの見どころは、鳥海山もさることながら稲倉岳の断崖だと勝手に思っています。中にはチャレンジャー精神をくすぐられるシュートもありますが、今回はそっち系ではないのでカメラに収めて上を目指します。
この日は、日射と気温のためか断崖から時折雪塊の落下や小規模雪崩がありました。





千蛇谷の手前ではイヌワシ2羽が悠然と空を舞っていて、しばし観察タイムとなりました。
最近、スノーモービルが中島台から上がっているとの情報を目にしていたので、それとなくチェックしたのですが今回は形跡はありませんでした。とはいえ、イヌワシ舞う環境を騒音で壊すことがないようしたいものです。




今回は千蛇谷に入って少し登ったあたりでタイムアップ。雪面もクラスト主体にアイスが交じりアルパインになりつつあったのと、なんといっても体力が限界だったので助かりました(-_-;)


さて、ナイスビューの中快適な滑走タイム。とはならず、クラスト&ハードパックモナカのミックスで疲労困憊の脚では試練の連続。スケール感抜群のBIGバーンも半ば苦行になってしまいました。
それでも、クラストでない斜面に何度かターンを刻んでみたりもしましたが、いかんせん脚が切れてしまっているので踏ん張れません。
そんな、苦行的合宿となってしまった縦乗り系の2名とは別に、横乗り系のトル猫氏は安定しながらでかいターンを描いて落下していきます。
そんなナイスなシーンがないのは、カメラの電池がなくなってしまったからで、なんとも無念(涙)
今回は斜面条件が厳しかったので、いい時期にリベンジしたいところです。

渓流解禁

イメージ
今日は渓流釣りの解禁日。昨年ホーム化宣言された某川へわらしと行くつもりだったのですが、声をかけると「オレ行かない」と。。。子どもと行くつもりでフライの準備もしてなかったので、エサ釣りのタックルにニンフというハイブリッド仕様でのソロ釣行。



深瀬を数回流すと目印が止まって今季初のヤマメさんと御対面。護岸の上からだったのでリリース優先で写真取る暇がありませんでした。


その後数回アタリがあったもののの、釣り上げるまで至らず昼になったので終了。
ぽかぽか陽気で、釣れなくても気持ちのいいひとときでした。


卒業

イメージ
今日は娘の小学校卒業式でした。
なんだかんだいってもひとつの節目ですし、真新しい制服に身を包んだ少年少女達の先には無限の可能性を秘めた未来が広がっているというのが漠然ながらに感じられました。
これから彼ら彼女らが未来に向かって1歩踏み出すんだろうなと思うと、人並みに感慨深い一日となりました。


The day?

イメージ
It was the day, but it was also very tight one day.
Details will be some other day,maybe.


ヘルメット交換

イメージ
前回の交換から約3年が経過して寿命を迎えつつあったヘルメットを新調しました。
前任はLAZERのNEONという入門用でしたが、今回はOGKのLEFFというコレまた入門クラス。
きちんとスポーティなシルエットで価格を感じさせませんが、ちょっとばかし前任よりも大きめです。
上をみるともっとスリムでカッケーのもありますが、かみさんからの誕生日プレゼントなので、あまり背伸びもできないのであります。(妻に多謝)

私は比較的頭が大きめなのでX/XLでないとダメかなと思ってたのですが、試着してみたところM/Lで問題なく入りました。ということは自分の頭がレギュラーサイズだっということで、今更ながら少し安心www
色も今回はガラリと変えてマットブラック系にしようと考えてたのですが、これもかぶってみた感じが今ひとつしっくりこなかったので白+シルバーの前任と同系色になりました。
こういったチェックは実物でないと確認できないので、試せる在庫を持つ(ここ重要デスナ)実店舗はいいですね。


さ、頑張ってペダルを回していきます。



貸切Oopas

イメージ
午後から予定があって、家族は内部試合的行事で不在。
天気もそれほど悪くなく、チャリこ漕ぐか一瞬迷ったのですが、久々の自作ステップ板の効きを再確認しようと近場のオーパスへ。
すでにシーズン終了でリフトは動いておらず、防護ネットの取り外しが始まってました。
幸いにも到着時は作業していなかったので、ちょこっとおじゃまします〜と入場。

当然誰もいないので貸切♪
ステップの効きはまずまず良好で、身軽にスタスタと登っていける。フムフムと満足しつつまずは1本。
ザラメの上に腐れ雪コーティングのややストップ系だけど、ベースが締まってるのでそれなりに板は走ります。
何回か登り返して遊んでいたら、雪上車が上がってきたのでしばし観察。雪上車の運転もなかかに楽しそうでした。
 〆は雪上車の上がってきたグルーミング跡に気持よく弧を描いて終了。
いい運動になりました。




輪開き

イメージ
春めいてきたので河辺方面へ実走。
太平山もバッチシで気持ちよし。