投稿

2月, 2014の投稿を表示しています

田代岳ミッションはやはり修行だった

イメージ
本日のミッションは田代岳。
地利に明るくないため、fojiさんのツアーに潜り込むも、他にツアーメンバーがなくてソロガイド(^_^;)

しかも、見上げると文句なしの青空。
風もなく、穏やかな天気で絶好の山日和=モナカ道場が濃厚。覚悟を決めて、イザ、ミッション開始。

ルートを確認しながら汗をかきかき進んでいくも、なにやら板が進まず、妙に重い?
ふと、足下に目をやると、いつのまにやら「ぼっこ祭り」が始まっていた。

「いかんいかん、みなかったことにしよう。」

と無視を決め込むも、見なかったことに腹をたてたのか、祭りの勢いはヒートアップし、ボディブローのようにじわりと効いてきた。
たまらず一本を要求して、ザックに入っているはずの非常用ローソクを探索。が、

「ない。。。」

使った記憶もないけれど、目の前にないものはないのだ。
fojiさんからスクレイパーを借りて、祭りに冷や水をかけてやってみものの、再び歩き出すと速やかに賑わいを取り戻す始末。
それでも、祭りを容認すると腹をきめたので、だましだましながらも9合目に到着。
ここでのひと作業で本日のミッションコンプリート。





山頂お社で一緒になった単独ATスキーヤー氏と遅い昼食をとり、下山フェイズに移行。
日の当たらない林間には軽めの雪が残っていて、fojiさんが気持ち良さそうにおりていく。
「我も続かん!!」と踏み出すも、いきなり脚をとられてフロントフリップしてしまった。



続いては9合目台地から落ちていく林間。
モナカ気味と粉雪が混じりあい、かつ、うねりを伴うテクニカル斜面。
隊長はこまやか、かつ、確実にターンを刻んで落ちていくが、続く自分は乗り方を失ってしまい全くいいターンを刻めず乾杯完敗。



春の陽気な山日和だったが、滑走フェイズのやり残し感が大きい山行となってしまった。
まあ、そこは技術的課題が見えたということ前向きに考えようっと。

fojiさん、ありがとうございましたデス。

田沢湖

イメージ
田沢湖でひと滑り。
ゲレンデ下部専門の息子+母と別行動で父娘はクワッド反復。
しかも、最後の1本はhana親子を追っかけるように娘が山頂まで行く、というので山頂制覇というおまけ付き。
ヒトが多いせいか、ゲレンデも軽くこぶができていて、辛抱を強いられる場面も少なからず。
とはいえ、雪、天気、眺望いずれも良くていいスキー日和でした。

この後、高原の宿にshige,fuku,hanaたちと集まって愉快な一夜となりました。



転向

イメージ
山スキーのfukuがついにテレマークに転向。 ということでテレ始めで協和へ。 南岸低気圧の影響でみぞれ時々雨な天気も、スキー場にいる間は微妙に回復する奇跡もありーので、いざ! 最初はアルペンとの違いから戸惑っていたものの、何回か滑りながらshigeと二人で助言しているうちに感覚を掴んだようで、いちおうターンっぽくなってしまった。 あれれ?! テレ始めにつきものの五体投地が少なくて、いまひとつだなー話していたら、慣れてきた頃に見事に五体投地を披露。 やっぱこれがなくっちゃーねー。
滑走シーンは動画切り取りのため、小さいのであしからず。





コソ練

イメージ
最速のカービングターンだったのに、明らかにミスが多かった女王より得点がつかないとは・・・
そんな、女子モーグルを見てスロウスタートとなってしまったので近隣のオーパスへ。
ノンストップで、重心変えたり、on the railなんかをば。
しかし、ゲレンデグルグルは集中力がもたず、4時間券の半分も消化しないで終了。
衰えましたノ・・・

秋田駒はやっぱりガスだった

イメージ
shige・hana・fukuと昨年の秋田駒リベンジ

が、スタートからのガスが続き、8合目近辺は当然のごとくかなりのホワイトアウト気味ト。
雪上車のポールがなかったら到達できなかったかも。
ということで、8合目小屋でのんびり大休止して潔く撤退。
まあ、コースレコードを更新したところでよしとしようではないか。

下りもレインパックとでもいうべきハードコンディションにつき、十分な滑走感はなし。
ひたすら濃くなっていく白い闇の中で高度を下げていくしかない。
スキー場跡では腐れ雪にややターンを刻むことができたので、これもまあ、これでよしとしよう。

ということで昼過ぎには下山してしまったので、致し方なく温泉へ(笑
下山タイムをはるかに超える時間、じったりまったりお湯に浸かってハラショー&ボリショイ。

以上、カメラ忘れという大失態につき写真点数少ないのでshige日記に丸投げ~♪