投稿

9月, 2013の投稿を表示しています

稲刈り

イメージ
実家の稲刈り手伝いへ。
倒れた稲がコンバインで刈り取れるように起こし方作業の手伝いでしたが、棒を使いながらの難儀な作業にもかかわらず妻もわらし達も一日お手伝いしてくれました。THANKS。
いつも美味しいお米をもらっているから、少しは貢献しないとね。

山間部の実家は夕暮れも早いですが、空も秋の高い空になってきました。

畳上げ

イメージ
天気がよかったので、今年夏の課題となっていた畳上げを敢行。
洗濯ではないけれど、天気のいい日に干し方というのはなんか気持ちがいいものです。



にわか雨

イメージ
久々の朝チャリ。空模様がやや怪しかったけれど、1時間ぐらいは持つべと漕ぎだすが、いつものコース半分あたりで雨が落ちだし、結果、土砂降りに・・・(涙)

自分自身はともかく、チャリがずぶ濡れになってしまったのでフレームからの水抜き+乾燥作業が必要となってしまったのが痛かった。
まあ、良いメンテナンスの機会にはなったかな。

オブジェ

イメージ
奥森吉で開催されたイベントに一家で参加。
行く途中の五城目付近は土砂降りでしたが、奥森吉についてみると小雨。
あいにくの天気でしたが6チームが流木を使ったオブジェ制作にチャレンジ。
詳しい様子は主催者が紹介するでしょうから、割愛して我が家の制作の様子と作品をば。



互選による審査の結果、幸いにも我が家が銀賞を頂き、制作者の妻子ともどもご満悦でした。他のチームもよい作品ばかりでしたが、木組みがよかったのかな?
いずれにしても、普段、こうした大きな工作はなかなかできないので良い機会になりました。


アニパ

イメージ
予報は雨だったけれど、あれ?!雨ふらねど??
ということで、大森山動物園へ。
台風の影響でぶり返した蒸し暑さにグロッキーな動物達を眺めて、最後はリクエストに答えてアニパ。
いやー、怖いーといいながらも、姉弟で一緒に乗っていきやした。
成長したなー。



ちびイワナ

イメージ
時間ができたので、数時間ほど某近郊の川で一振り。
魚影はそれほど濃くはないけれど、要所要所からはイワナらしい反応がありました。
6〜7寸のイワナさんたちと戯れてきたけれど、極めつけは小指サイズの当歳魚(一番下の写真)。
自分の口よりでかいであろう毛針にがぶり(笑)
掛ける自分にもびっくりですが、木っ端専門という称号は当面返上できなさそうです。




花道

イメージ
本日の仕事場は某沢。
今年は格別に強烈なモスキート軍はまだまだ健在。
訳あって途中で引き返すこととなったけど、ネットをかぶっている同行の方もあまりの蚊に落ち着いて休んでいられないような塩梅。ネットを持参していなかった私に気遣っていただいたのかもしれないけれど・・・。スンマセン(汗

そんなひとときでしたが、沢沿いの道がダイモンジソウ街道になっててきれいでした(^_^)




秋の花

イメージ
本日も仕事で某山。
今回は単純な荷揚げのみだったが、先日の某山の疲労が抜けきっておらず、重い体をひきづりながらの登山。
そんな辛い行程でしたが、山頂付近は秋の花がたくさん咲き誇ってました。
ツリガネニンジン、ダイモンジソウ等々と出始めたきのこたち。やっぱり、花があるなしでは山登りも随分と違うものです。



秋山

イメージ
仕事de某山へ。
登山道沿いにはツリフネソウが満開。
山頂付近では、ウメバチソウが満開でした。やっぱお花は和みます。
秋ですね〜。


異常値

久々に雨の合間をぬってのチャリ実走。
空気がまったくもって秋になっていて、季節の移り変わりを再認識。だって9月だもんなー。

さて、チャリをこぐときは心拍計(サイクルコンピュータ)をにらみながらペダルをまわしているけれど、この心拍計がこのところちょっとオカシイみたい。

ヒイコラ坂を上っていても

「ぜーんぜん、問題ないわね(平常値前後)」

と言ってみたり、力を抜いて流しているのに

「あらまー、ちょっとがんばりすぎじゃないの?(計算上MAXを超える数値)」

と忠告してきてくれたりするのだ。

さて、一体全体どうしたものか。やっぱり、中古はイカンかったかな・・・(/_;)