労働と対価

車は好きだが、積極的に洗車はしませぬ。
○ムニーなんかに乗っていたせいもあって、車(外側)は汚れていてなんぼという妙な価値観もさることながら、洗車する時間があったらなにか他のことをすべき(したい)と思ってしまうんだな。

しかしながら、先月我が家にやってきた車はすばらしく汚れが目立つ色合い(^_^;)
さすがにホコリまみれで見るに耐えられなくなってきたので、先週末にとりあえずシャンプーだけでもしようかと思っての着手。ズボラこかして洗車機で済ませようとしたのだが、いつも行くスタンドの洗車機が大行列だったので尻込みしてしまったのだ。

よおく泡立てたシャンプーで汚れを落とすのは、それなりに気持ちヨシ。
洗い終わって時間に余裕があったこともあり、シャンプーだけで済ませておけばいいものを、納戸にあった固形ワックスを手にしてしまった。
スリスリと塗りこみまではよかったが、拭き取りが思いのほか重労働・・・。
1/3ぐらい拭きあげたあたりから、慣れないことに迂闊に手出ししてしまったことを後悔。
だが、途中でやめるわけにもいかないので「うおりゃぁぁー」と気合を注入しつつなんとか完遂。

まあ、愛車が光沢をもってきらめいたり、雨をピシリと弾いている様子を見れば、ワックスがけも悪くない作業ではあるかもしれないと思ったりもするのである。
いずれ、次回は固形は使わないであろうことは明白だったりするけどね~(笑

コメント

このブログの人気の投稿

断念×2

2和ライド

NO FISH, NO SOFT