いつもより混雑したバスを降りて時計を見る。
乗り継ぎのバスまであと1分ちょっと。
間に合うか?と考えるよりも先に走り出す。
駅中の人の合間をかいくぐって疾走し、階段を駆け下りてバス停に飛び込む。
と、たった今、発車したであろうドラマチックに走り去るバス。

久々の全力疾走に対する充実感を感じつつも、取り逃がした喪失感とが入り混じった家路の一コマであった。

コメント

このブログの人気の投稿

断念×2

2和ライド

170501鳥海