このところ、家路に向う空を見上げると明るい月。
傍らには明るい星。
旨く表現できないけれど、圧倒的な距離感というか、宇宙のスケールを感じる一瞬。

宇宙という大きな空間の片隅で、ほんの一瞬を生きている人類。
地球温暖化を筆頭に自らの生存環境を劣化させながら地球に寄生している。

将来、アニメの世界のように宇宙(そら)に上がる日がくるのだろうか、と思わずにはいられないけふこの頃。

コメント

このブログの人気の投稿

断念×2

2和ライド

あちゃー