投稿

6月, 2011の投稿を表示しています

訃報

その昔、一緒に仕事をした方が亡くなった。
とある筋では著名な方だったが、良くも悪くもそんなオーラは微塵も感じさせないきさくな方だった。

その方と同職していた大学の先輩もこの世をすでに去っている。
私と同じ立場の方は他にもいるけれど、何かとても寂しいような独り言ち。

ご冥福をお祈り申し上げます。合掌。

昇天

shige氏と実家近くのN川に新規導入したブツでの初釣行。
ホームリバーではあるのだが、何年か前に上流の森林が伐採されたためか年々土砂っ気が多くなってしまっていた川。今回どの程度回復しているかという期待もあっての入渓。
以下、概況。

いつも通いなれた里川部分を通り越し、結構上流めに入渓。
が、流れも細く川底に土砂が堆積していて、魚の反応は皆無。
早々に見切りをつけて、少し下流部で仕切り直し。
こちらは川まで入るのがやや難儀だけど、落差のある渓相。
魚の反応もやや出始めて、これからか!という矢先にshige氏が竿先破損。
で、一旦車まで戻るため竿をたたもうとして、竿先部分を仕舞い込んでいく途中に、竿先から2本目がポキリと圧迫骨折。
なんとまあ貧弱な・・・魚を掛けないまま昇天してしまうなんて!!

これでは終われないと、普通の竿に持ち替えて(shige氏は竿を替えて)、再度仕切りなおしはさらに下流。
この区間でそれぞれヤマメ2本と、なんとか型を見ることができて一安心。

ということでテンカラ竿あっけなくご臨終。
水面直下のテンカラとはなんぞや、というあたりがなんとなくつかめかけていた矢先の出来事だけに残念至極。

それにしても一度悪化した河川環境が回復するには、長い年月がかかるということを改めて実感した釣行でもあった。

日曜大工

イメージ
ずっと前から構想を練っていたデッキのステップ。
ベンチとしても使えるようなイメージで作成。
とはいえ、構想を練り出してからここまでたどり着くのに長かった・・・。
大した構造でもないし、部材も少ないのだけれど、何せ時間が取れなかった。
やっと妄想が形になって、満足(*^_^*)

シルバーエリア

午後から休みを取って、週末の資材買出しと準備作業。
合間を縫って、わらし達の通う水泳教室を見学。
御所野のシルバーエリアに初めて入ったけど、プールの天井が木質系(大断面集成材)でびっくり。

唇を真っ青にしつつも、楽しげに水と触れ合う子どもを見るのは面白いものです。

PV

イメージ
PV=プロモーションビデオではなく、Park Volunteer。
今年から縁あって某国立公園のパークボランティアに参加。
かねてより携わりたいと考えていた登山道整備にも関与できるし、何より山に行く動機付け(理屈付け)にもなるかと。。。

ということで、早速、山開き前のルート工作に参加。
メインな活動日を外したこともあって参加者は5名と少なかったものの、力を併せて主要ルートの不安箇所を整備。
おまけに時間に余裕があったので、数年ぶりに最高峰のピークを踏むことができた。
なんだかんだいっても、やっぱ山はイイナと実感。