投稿

4月, 2011の投稿を表示しています

イメージ
鯉のぼりの設置で難儀。

もともとベランダ用のためポールが短い仕様
あれこれ試行錯誤して、落ち着いたのは夏椿の支柱。
なんとか形になったけど、本日は強風のためしばらく流して鯉たちは物置に退散。
そして、今週はずっと雨模様らしいので、鯉たちが再び泳ぎだすのは週末かもしれない。

週末

やっと1週間が終わったー。
このところ、新しい仕事でずっと書類との格闘しどおしであった。
変な疲れが溜まってしまうし、やはり、現場で汗流したいところ。

さて、4月になって大学時代の友人からの誘いでfacebookに登録してみた。
去年は同じく大学の友人からの誘いでmixiも始めているのだが、どちらも積極的な使い方がわからないので半ば放置プレイ。
すでに時代についていけなくなってきているような感がしてしまい、ちょっと戸惑う。
スマートフォンとかで常時なネット環境が必要なのかもしれないが、そこまで必要な気はしないし。。。

一昔前では考えられない環境だな~。

亡失

金曜は職場の若手呑みでした。が、見事に記憶を亡失。よって、土曜は半日以上ノックアウト。


あくる本日はいい天気。久々の庭仕事に精をだす。
庭の木々も芽吹きが始まり、草本たちもじわりと新芽を出してきて鳥もさかんにさえずっていて、春が来たナと実感。

そして宿敵”スギナ”もボツボツと。。。。戦いも始まりました。

合宿

久々の山行はfuku、shigeの両名と秋田駒ケ岳。
スキー場から8合目周遊コースだったけど、上部はガス+クラスト合宿で”いつも”の駒ケ岳・・・。
氷結地獄から脱出した8合目ではなんどさん、taka3さん達テレマークトリオに遭遇。
狙っていた上部での滑走は全くできなかったけれど、稜線歩き、ルートファインディング等々充実した山であった。
詳細レポは追って。

余震

7日夜半の余震。翌日隣県に行くため早めに就寝していたが激しい揺れに覚醒。
ゆれの途中から停電したので、3.11が回願されて気が引き締るおもい。
冷蔵庫の処理と風呂桶に水をためてラジオを聴いて、翌朝に向けて再び就寝。

寝不足のまま真っ暗な会社に行くと、隣県の行き先は大丈夫らしく予定通りに出発。

行き先は被災地の最前線からひとつ手前。
地元のスタッフの協力もあり、作業は予定よりかなり早く終えることができた。
この作業は要望があるかぎり継続予定。
いろいろと諸問題・課題もあるけれど、被災地に少しでも役立つのであればがんばりたいところ。

余談)
北上高地を横断する道路から見える山々で、多くの木々の幹が折れたり根返りしていた。
中には梢が地面にグニャリと弓なりになっている木々も多数。
3月まで岩手に赴任していた同僚によると、初冬の大雪による被害とのこと。
震災はいうまでもないが、ズタズタの山にも心が痛む出張であった。

爽快

このところ、冷え込みはあるけれど天気がよくて、通勤のチャリが心地よい。

雪も消えて快速シーズンに差し掛かってきたので、再びヘルメットかぶるかのぉ。
チャリの皆様(とくにスポーツチャリダーの皆様)ヘルメットかぶって"左通行"しましょうぞな。

今朝も交差点に闇雲に突っ込んできた高校生と衝突寸前になったし、自転車だって交通ルールあるんだからもう少し守ろうよ。

到着

イメージ
震災前にヤフオクで落札していたブツが到着。
配送ストップで約3週間たってしまったが、取引再開後遅延なく到着し、物流の回復を実感した次第。そういえば、いつの間にか市内のガソリンスタンドも通常営業に回復している模様。

こやつ、今季は水面直下を課題とするための手足となってくれよう。
とはいえ、まだまだ雪代多し。初出動は水が温んでからの予定。

余震

イメージ
娘とTV見ててたら、緊急地震速報。
やや麻痺している感はあるが、すぐさま小刻みな縦揺れがきて、その次にくるであろう横揺れに備えるもそれほどでもなく収まる。
県北内陸部で震度5強で、秋田市は3。
とっさに娘の肩を抱いて庇いながら、停電を覚悟したが大事に至らずよかった。
まだまだ油断は禁物(~_~;)
(←気象庁から拝借)