雪下ろし

今日は小屋の屋根の雪下ろし。
普段なら暖気がくれば自然と落ちるのだが、ずっと寒気が緩まないので落ちていなかった。
つもりに積もった屋根の上にはおおよそ自分とおなじ背丈の積雪。

2連梯子で、恐る恐る屋根上の人となると、当然ながら見晴らし良好。
どこもかしこも雪に覆われた銀世界。

感傷に浸る間も惜しんで仕事開始。
午前いっぱいで危なくて下ろせないところを除いて8割がた下ろしたけれど、この雪だとさすがに家屋の倒壊の恐れがマヂであるかもしれない。

そして終了後は屋根との距離が短くなったところへジャンプして降りる。
小学生の頃、よく近所の友達と屋根から新雪に飛び降りる遊びをしていたことを思い出す。
宙返りだの、距離延ばすだの、いろいろとやったものである。
よく考えたら危ない遊びでもあるナ(笑)

コメント

このブログの人気の投稿

再び

成型

雪中徘徊