疑念

法相、死刑存続も含めて検討こんなニュース。

昨日はラジオで幼稚園児を刺殺した犯人が精神障害で責任能力を問えないという判決のニュース。
今日も仙台で、朝まで酒飲んで車運転した挙句に高校生跳ね飛ばしてしまうというニュース。

こういった事件に触れるたびにいつも思うのだが、命とは誰しもが平等だったはず。
でも、殺人事件では被害者は生存権そのものを一方的に剥奪されているのに、その後は加害者の人権ばかりが報道にしろ、裁判にしろ強調される印象を持ってしまう。
まあ、被害者がどうしようもない悪いやつだったらそうは思わないだろうが。

普通の人が巻き込まれる事件では、加害者の生い立ちだろうが、精神異常だろうが、どんな背景があろうがなかろうが、遺族にとって失ったものは帰ってこない。
自分が遺族だったら、絶対に許せない。目の前で切腹しても許さない。

命の重さを考えたら、極刑はあってしかるべきだし、死刑廃止なんていう理想論なんか噴飯ものである。
こんな自分はオカシイんだろうか。

コメント

このブログの人気の投稿

再び

成型

雪中徘徊