投稿

12月, 2010の投稿を表示しています

氷上

わらしたちが行きたいといっていたスケート場へ。
年末ながら、結構な人出。

驚いたことに、娘も息子も意外と転ばない。
上の娘はいつの間にか一人で滑れるようになり、下の息子も手はつなぐもののパタパタと昔ほど転ばなくなっている。
何回も通っているわけではないので、ほかの運動でバランス感覚が磨かれているのかもしれな。

それにしても、レンタルのスケート靴の硬さには参る(~_~;)
しばらく氷上にいると、血行が悪くなってしびれて、痛くなってくる。。
本革とはいわないけれど、ゴムではなく柔らかめの合皮にはならないだろうか。

さて、年末の雪で近所のスキー場にも積もるといいな。

シェル

なかなか近所のスキー場も開かないので、ネットしながら山道具の脳内検討。
ハード面は入れ替え困難なので、レイヤードの変更をもくろむウェア関係がテーマ。
ベース方面は固まっているので、シェルが課題。あれこれ見ていくと、

パタゴニア プリモジャケットパタゴニア マイクロバーストジャケット(型落ち) モンベル ダイナアクションジャケットモンベル サーマシェルジャケットモンベル フレネイパーカコロンビア ジュニパーシンクスジャケットMHW コレーラジャケット といったあたりがよさそうだなと。 必須条件は一枚地で3レイヤーでビットジップ付。 欲をいえば、耐水ジッパーでフラップ省略して、ストレッチャブルな素材。 価格的に範囲内はフレネイだけど、ビットジップがないのでおしいところ。 モンベルさん、フレネイにビットジップつけて、ドライテックとかで2万ちょいで作ってくれないだろうか。
性能的にはゴアのレインウェアでもいいのだが、当然、ビットジップはないし、たまにいくスキー場でレインウェアだとやはり少しかっこ悪いのだ。 パタゴニアのレインシャドーのように、単体でもかっちょいいシェルはあるけれど、レインシャドーは2.5層で3レイヤーではないのが残念。一回買ったら5年以上は着たいのでで、耐久性も必要なのだ。
ということで、まだまだ検討は続く。。。

勘違い

今晩の妻との会話
オレ「××さぁ、おれ休みになってからでいい?」
妻 「え?あさってから休みでないの?」
オレ「え?まだ、あと2日あるんでなかったけ?」

よく考えたら明日が会社の仕事納めの日。
あと2日あるつもりで仕事していたのですが、大きな勘違い。
喫緊の仕事があるわけではないけれど、なんだかあせってしまった。

どおりで、今日は挨拶周りの人が多かったわけだ。。

オク

ヤフオクでパタゴニアのハードシェルでよさそうなのがあったので、出品者へ
「タグはついているか?切れ込みはいってないか?」
という趣旨の質問をした。
すると、しばらくして、その商品は回答もなく出品が取り消されていた。
パタゴニアをはじめとして、ヤフオクには多数まがい物が出品されているというのは前々から知っていたが、おそらくはその類のものであったと思われる。
その出品者の評価はセミプロと推察されるほど多かったのだが、結果として札をいれなくてよかった、ということになろう。

以前もジャンク品で部品取りとして出品した物が、まるで問題ない新品のように(一応)清掃されて出品されていたことがあった。しかもお決まりの「ノークレーム、ノーリターン」。
落札者とは違うIDではあったが、おそらくは同一人物。
世の中には平気でこういうことをする輩もいるんだなととても悲しい思いをしたこともあった。

ヤフオクは楽しいですが、真贋を見極める眼が必要でアリマス。

期限

子供の板のついでに、ようやく自分の板のワックスもはぎました。
10年以上たちますがまだまだ現役の愛機。
新しい板にも目がくらみますが、ここまできたら最期まで付き合ってやろうと思います。

さて、板を引っ張り出して山気分が高まってきたところで、そういえばアマチュア無線の住所変更してなかったことに気がつきました。
書類を引っ張り出すも、免許状がみあたらない。
再発行だなーと、電波使用料の書類をみると有効期限が22年12月1日まで?!

継続手続きしないまま失効してしまっていたようです。
改めて開局申請しないといけませんが、この手続きを行わないで無線を運用すると違法です!
最悪、最高5年以下の懲役か最高250万円の罰金(-_-;)
思い返しても、山頂で通信状況を傍聴する程度で、ほとんど使ってないのですが、非常時に使って罰金まで取られるのはどうかと思うので、手続きするのであります。

寒波

イメージ
クリスマス寒波。
なんだかんだといいつつ、毎年きっちりとやってきているような気がします。



そんなクリスマスイブは息子と映画@ウルトラマン
前作もDVDで見ているので、話は分かりやすい(^.^)
主人公のゼロはセブンの息子、というあたりが父親世代にはうれしい流れ。
しかし、そこはやっぱり円谷P。
CGこそ進化してますが、要所要所で懐かしさを感じるカットも多くありました。

子供向きの映画とはいえ、大人も楽しめる内容だったなと思いつつ、午後からは仕事にいそしむのでありました。

イメージ
下のわらしは去年まではパンダスキー。
今年は背も伸びて脚力もついてきたので、正式な(?)スキー用具をそろえる年にしました。
踏んづけたりなんだりでボロボロになるのは目に見えているので、酷使しても惜しくないようお下がりをヤフオクで入手。 幸いにして本人も色合いが気に入ってくれた模様。 ワックスがけして準備しながら、明日からのクリスマス寒波で近くのオーパスが開いてくれることを期待します。


転倒

久々の快晴なので、久々のチャリ通。
放射冷却による路面凍結は部分的にあるが歩行者のいない歩道を快走。
ふと前方に歩道いっぱいに広がる凍結路面を目視。しかも融解凍結によるでこぼこが著しい模様。
やや危険性を認識しつつもそのままの速度で突入。
とたんにフロントがスリップ。
「うぉ、やべ」
とリカバリを試みるも、リアもスリップしてスライディング状態に移行。
「○△×□~」
声にならない悲鳴を上げつつ、見事な転倒(だったと思う)で、脇の生垣にアタック。
交通量の多い道路脇の歩道のため、なによりも先立つのは恥ずかしさ。
何事もなかったかのように装い、そそくさと通勤再開。
走りながら損傷箇所の確認。カッパのひざと肩に裂傷。職場到着後にはめがねのフレームにも損傷を確認。
加えて、打撲による痛みが時間がたつにつれて増大。

凍結路面のチャリ通は危ないと再認識した冬の晴天の出来事でした。

屋根

イメージ
先週の雪が、ここ2日ほどの暖気でぐっと緩みました。そのため、雪の重みでヒペリカム(トリカラー)が痛んでしまいました。

耐寒性もあり、グランドカバー植物にもなるらしいので雪囲いもせず放置してましたが、今回、枝が裂けたりしてちょっとやばそうだったので、急遽屋根をかけました。

ホームセンターで売っている簡易雪囲いをイメージして、手持ちの木材と買い足した杉材でギコギコ、ギュイーン。で、千円かからず完成。

なんとなく、それっぽく様になってるよう自己満足(*^_^*)。
効果のほどは?なので、雪待ちとなります。

障壁

「どうしても乗り越えられなさそうだけど、ぶつかっていかないといけない」
人生そんなことがままあります。今日は、まさにそんな日でした。
ひとつは自発的意思が入っていなかったので、ぶつかりながら「こりゃいかん」と思いつつ、障壁側の先制ジャブで戦意喪失。で、敗退。
もうひとつは、障壁側の根底にあるものが違う次元。なのでいくらぶつかっても手ごたえなし、で敗退。
作戦練り直しとなるけれど、乗り越えるのは厳しいかもしれません。

タイヤ

イメージ
今年更新したMTB(通勤スペシャル号)。
コストパフォーマンス最高な(単に安いだけ)であって、各パーツの品質が悪くあちこちでさびが多発してます。
いずれも消耗部分なので、追って交換していけばいいのですが、今朝信号待ちの際に見逃せない部分が・・・。それは、タイヤのひび割れ(涙)
購入当初のタイヤがあっという間にツルツルになってしまったので、シュワルベの格安某タイヤをつけてたのですが、半年もせずしてこの状況なのでゴムの品質がよくなかったようです。
交換しないといけませんが、そろそろ冬用のタイヤでもいい頃合なので、スパイクタイヤ導入かな~?まだまだ積もらないだろか、ゴツゴツしたタイヤで済ませるか。悩みどころです。。

写真:シュワルベ snow stad(お手ごろ価格)

大荒れ

外は師走の大荒れ。

12月に入り、各地での初滑りの便りとともに、立山での雪崩事故の報道。亡くなられた方が同世代でショックでした。さらには知識や経験もあったそうですが、おきてしまったことは取り返しがつきません。なくなったかたのご冥福をお祈りします。

今回に限ったことではないですが、山岳事故の報道の度に、山=道楽の世界で自己責任が原則とはいえ社会に対する影響の大きさを感じます。山に入るということの認識を改めて考えさせれれます。

自分も冬の主たる趣味のBCスキー。近年頻度も下がってきてはいますが、その分安全装備も万全を期さねばなりませんが、三種の神器の一つのビーコンは未だアナログです。
新しいデジタルのは4本アンテナも出てくるようですので、今頃、シングルアンテナを左右にフリフリして電波曲線考えて、、、という時代ではなくなってきたのかもしれません。

お金で買える安全は買うべき、とどこかで聞きましたが、無い袖はふれないというのもまた現実。

とりあえずは、道具を引っ張りだして、ビーコン復習もしとかないといけませんね。