投稿

2010の投稿を表示しています

氷上

わらしたちが行きたいといっていたスケート場へ。
年末ながら、結構な人出。

驚いたことに、娘も息子も意外と転ばない。
上の娘はいつの間にか一人で滑れるようになり、下の息子も手はつなぐもののパタパタと昔ほど転ばなくなっている。
何回も通っているわけではないので、ほかの運動でバランス感覚が磨かれているのかもしれな。

それにしても、レンタルのスケート靴の硬さには参る(~_~;)
しばらく氷上にいると、血行が悪くなってしびれて、痛くなってくる。。
本革とはいわないけれど、ゴムではなく柔らかめの合皮にはならないだろうか。

さて、年末の雪で近所のスキー場にも積もるといいな。

シェル

なかなか近所のスキー場も開かないので、ネットしながら山道具の脳内検討。
ハード面は入れ替え困難なので、レイヤードの変更をもくろむウェア関係がテーマ。
ベース方面は固まっているので、シェルが課題。あれこれ見ていくと、

パタゴニア プリモジャケットパタゴニア マイクロバーストジャケット(型落ち) モンベル ダイナアクションジャケットモンベル サーマシェルジャケットモンベル フレネイパーカコロンビア ジュニパーシンクスジャケットMHW コレーラジャケット といったあたりがよさそうだなと。 必須条件は一枚地で3レイヤーでビットジップ付。 欲をいえば、耐水ジッパーでフラップ省略して、ストレッチャブルな素材。 価格的に範囲内はフレネイだけど、ビットジップがないのでおしいところ。 モンベルさん、フレネイにビットジップつけて、ドライテックとかで2万ちょいで作ってくれないだろうか。
性能的にはゴアのレインウェアでもいいのだが、当然、ビットジップはないし、たまにいくスキー場でレインウェアだとやはり少しかっこ悪いのだ。 パタゴニアのレインシャドーのように、単体でもかっちょいいシェルはあるけれど、レインシャドーは2.5層で3レイヤーではないのが残念。一回買ったら5年以上は着たいのでで、耐久性も必要なのだ。
ということで、まだまだ検討は続く。。。

勘違い

今晩の妻との会話
オレ「××さぁ、おれ休みになってからでいい?」
妻 「え?あさってから休みでないの?」
オレ「え?まだ、あと2日あるんでなかったけ?」

よく考えたら明日が会社の仕事納めの日。
あと2日あるつもりで仕事していたのですが、大きな勘違い。
喫緊の仕事があるわけではないけれど、なんだかあせってしまった。

どおりで、今日は挨拶周りの人が多かったわけだ。。

オク

ヤフオクでパタゴニアのハードシェルでよさそうなのがあったので、出品者へ
「タグはついているか?切れ込みはいってないか?」
という趣旨の質問をした。
すると、しばらくして、その商品は回答もなく出品が取り消されていた。
パタゴニアをはじめとして、ヤフオクには多数まがい物が出品されているというのは前々から知っていたが、おそらくはその類のものであったと思われる。
その出品者の評価はセミプロと推察されるほど多かったのだが、結果として札をいれなくてよかった、ということになろう。

以前もジャンク品で部品取りとして出品した物が、まるで問題ない新品のように(一応)清掃されて出品されていたことがあった。しかもお決まりの「ノークレーム、ノーリターン」。
落札者とは違うIDではあったが、おそらくは同一人物。
世の中には平気でこういうことをする輩もいるんだなととても悲しい思いをしたこともあった。

ヤフオクは楽しいですが、真贋を見極める眼が必要でアリマス。

期限

子供の板のついでに、ようやく自分の板のワックスもはぎました。
10年以上たちますがまだまだ現役の愛機。
新しい板にも目がくらみますが、ここまできたら最期まで付き合ってやろうと思います。

さて、板を引っ張り出して山気分が高まってきたところで、そういえばアマチュア無線の住所変更してなかったことに気がつきました。
書類を引っ張り出すも、免許状がみあたらない。
再発行だなーと、電波使用料の書類をみると有効期限が22年12月1日まで?!

継続手続きしないまま失効してしまっていたようです。
改めて開局申請しないといけませんが、この手続きを行わないで無線を運用すると違法です!
最悪、最高5年以下の懲役か最高250万円の罰金(-_-;)
思い返しても、山頂で通信状況を傍聴する程度で、ほとんど使ってないのですが、非常時に使って罰金まで取られるのはどうかと思うので、手続きするのであります。

寒波

イメージ
クリスマス寒波。
なんだかんだといいつつ、毎年きっちりとやってきているような気がします。



そんなクリスマスイブは息子と映画@ウルトラマン
前作もDVDで見ているので、話は分かりやすい(^.^)
主人公のゼロはセブンの息子、というあたりが父親世代にはうれしい流れ。
しかし、そこはやっぱり円谷P。
CGこそ進化してますが、要所要所で懐かしさを感じるカットも多くありました。

子供向きの映画とはいえ、大人も楽しめる内容だったなと思いつつ、午後からは仕事にいそしむのでありました。

イメージ
下のわらしは去年まではパンダスキー。
今年は背も伸びて脚力もついてきたので、正式な(?)スキー用具をそろえる年にしました。
踏んづけたりなんだりでボロボロになるのは目に見えているので、酷使しても惜しくないようお下がりをヤフオクで入手。 幸いにして本人も色合いが気に入ってくれた模様。 ワックスがけして準備しながら、明日からのクリスマス寒波で近くのオーパスが開いてくれることを期待します。


転倒

久々の快晴なので、久々のチャリ通。
放射冷却による路面凍結は部分的にあるが歩行者のいない歩道を快走。
ふと前方に歩道いっぱいに広がる凍結路面を目視。しかも融解凍結によるでこぼこが著しい模様。
やや危険性を認識しつつもそのままの速度で突入。
とたんにフロントがスリップ。
「うぉ、やべ」
とリカバリを試みるも、リアもスリップしてスライディング状態に移行。
「○△×□~」
声にならない悲鳴を上げつつ、見事な転倒(だったと思う)で、脇の生垣にアタック。
交通量の多い道路脇の歩道のため、なによりも先立つのは恥ずかしさ。
何事もなかったかのように装い、そそくさと通勤再開。
走りながら損傷箇所の確認。カッパのひざと肩に裂傷。職場到着後にはめがねのフレームにも損傷を確認。
加えて、打撲による痛みが時間がたつにつれて増大。

凍結路面のチャリ通は危ないと再認識した冬の晴天の出来事でした。

屋根

イメージ
先週の雪が、ここ2日ほどの暖気でぐっと緩みました。そのため、雪の重みでヒペリカム(トリカラー)が痛んでしまいました。

耐寒性もあり、グランドカバー植物にもなるらしいので雪囲いもせず放置してましたが、今回、枝が裂けたりしてちょっとやばそうだったので、急遽屋根をかけました。

ホームセンターで売っている簡易雪囲いをイメージして、手持ちの木材と買い足した杉材でギコギコ、ギュイーン。で、千円かからず完成。

なんとなく、それっぽく様になってるよう自己満足(*^_^*)。
効果のほどは?なので、雪待ちとなります。

障壁

「どうしても乗り越えられなさそうだけど、ぶつかっていかないといけない」
人生そんなことがままあります。今日は、まさにそんな日でした。
ひとつは自発的意思が入っていなかったので、ぶつかりながら「こりゃいかん」と思いつつ、障壁側の先制ジャブで戦意喪失。で、敗退。
もうひとつは、障壁側の根底にあるものが違う次元。なのでいくらぶつかっても手ごたえなし、で敗退。
作戦練り直しとなるけれど、乗り越えるのは厳しいかもしれません。

タイヤ

イメージ
今年更新したMTB(通勤スペシャル号)。
コストパフォーマンス最高な(単に安いだけ)であって、各パーツの品質が悪くあちこちでさびが多発してます。
いずれも消耗部分なので、追って交換していけばいいのですが、今朝信号待ちの際に見逃せない部分が・・・。それは、タイヤのひび割れ(涙)
購入当初のタイヤがあっという間にツルツルになってしまったので、シュワルベの格安某タイヤをつけてたのですが、半年もせずしてこの状況なのでゴムの品質がよくなかったようです。
交換しないといけませんが、そろそろ冬用のタイヤでもいい頃合なので、スパイクタイヤ導入かな~?まだまだ積もらないだろか、ゴツゴツしたタイヤで済ませるか。悩みどころです。。

写真:シュワルベ snow stad(お手ごろ価格)

大荒れ

外は師走の大荒れ。

12月に入り、各地での初滑りの便りとともに、立山での雪崩事故の報道。亡くなられた方が同世代でショックでした。さらには知識や経験もあったそうですが、おきてしまったことは取り返しがつきません。なくなったかたのご冥福をお祈りします。

今回に限ったことではないですが、山岳事故の報道の度に、山=道楽の世界で自己責任が原則とはいえ社会に対する影響の大きさを感じます。山に入るということの認識を改めて考えさせれれます。

自分も冬の主たる趣味のBCスキー。近年頻度も下がってきてはいますが、その分安全装備も万全を期さねばなりませんが、三種の神器の一つのビーコンは未だアナログです。
新しいデジタルのは4本アンテナも出てくるようですので、今頃、シングルアンテナを左右にフリフリして電波曲線考えて、、、という時代ではなくなってきたのかもしれません。

お金で買える安全は買うべき、とどこかで聞きましたが、無い袖はふれないというのもまた現実。

とりあえずは、道具を引っ張りだして、ビーコン復習もしとかないといけませんね。

心境

我が家にはCDを聞くためのミニコンポがありますが、昨日、わらしたちがなにやらその前で大爆笑してました。
前からCDを読み込まないという症状がでてましたが、笑いの原因は、それに起因してトレーが自動的に出てくるのが止まらないということでした。
電源落として空のトレーを押しこんでみても、CDを認識しようとするのか、ピックアップが動く音がして、再度トレーオープン・・・ん?(-_-;)
そして、果てしなくその繰り返しで、とめるにはコンセントを抜くしかない始末。
考えてみれば大学時代から使っていたデッキなので、寿命なのかもしれませんが、いざ、交換となるとなんだかちょっと寂しい感じもいがめないところがあります。
他方で、代替品を探すのは家電担当としてはうれしい部分もなきにしもあらず。
うまくいえないけれど、複雑な気分だ~。

雑木林

イメージ
気持ちのいい青空に誘われて、雑木林へ足を向けました。

木立の中を通る歩道は落ち葉の絨毯。

そんな中をリースの材料となる枝葉や果実を探しながらの家族での散歩。

少しの時間だったけど充実なひと時でした。

疲労感

この頃、「疲れてねが?」といわれることが多い。
昔から近しい知人からは、職場にいるときは死んだ魚みたいだ、と言われることも多かったけど、ここ最近はやたらと多いので、事例紹介。

今日打ち合わせで見えた支社のSSさん曰く、「疲れでねが?こないだよりげっそりしてるど?!」それを聞いた向かいのSさんが補足、「いっつもですよ~」支社の友人T氏からの電話の開口一番、「元気ねな?!」先日打ち合わせに見えた取引先のMさんからも「元気ないみたいだよ?」
確かに、精神&肉体いずれも疲労が抜けないけれど、周囲に疲労感を撒き散らしているとしたらひじょーに迷惑な存在だなーと猛烈に自省。

そんな話を妻にしたところ、風貌が一因(髪の毛ぼさぼさ、無精ひげぼさぼさ)でその辺が強調されるんでないかとの指摘。

風貌はともかく、明日からはもう少し快活に行こうと思います。

庭仕事(続き)

イメージ
週末にかけて雪模様となるようだったので、急遽仕事を休んで庭仕事の続き。

作業内容は庭木の冬囲い(縄しばり)、剪定、フェンスの控え設置等々。

冬囲いは雪に負けないよう枝葉をまとめる作業なので問題なし。
一方、剪定は本から知識は入れているけれど、実際の樹木を見てとなると判断に迷ってしまう。
ま、実践あるのみ!でザックリやったり、保留したり・・・。
部分的に屋根をかけてあげたほうがいい植物もあるけれど、資材がないのでとりあえずは縛っただけで様子見。

まずは、越冬準備第1段階は完了したので、あとは雪の降り具合(落ち具合)を見ながら対処していく予定。


シモツケの縛り状況。
奥のコニファーは細く絞り上げてます。

庭仕事

イメージ
夏前ぐらいからちびちびと進行してきたお庭のペイピング作業が本日完了!
いろいろと紆余曲折がありましたが、とりあえずはひと段落。
これで、玄関等などにどこまでもついてくる、黒いヤツ(粒子の細かい黒土)とはひとまずおさらば。

とはいえ、樹木の選定や冬囲い作業がまだまだ続きます。

郷愁

今日は仕事で盛岡へ。盛岡は数年前に2年住んでいた街。

少し時間があったので、かつての生活圏をぐるりとドライブ。

住んでいた建物周辺は昔のままでしたが、当時から始まっていた周辺の再開発がかなり進んでいて、時の流れを実感。

ところどころの街の情景に、当時のなにかと結構大変だった頃が思い出され、少しセンチメンタルな気分になってしまいました。

シンボルの岩手山もばっちり見えたけど、焼走りは白かったものの、山頂部が真っ白というほどにはまだまだな状況。

これでは、来週予定している板開き@秋八も危ういかもしれない・・・。

Loft

秋田駅前のイトーヨーカ堂跡地のビルにLoftが入ることが決まったようです。
Loftといえば、妻とのおそろいの時計を昔購入したお店。
とはいえ、購入から10年以上たっていて、購入した店舗は撤退したそうで、少し寂しい感じもします。

それはさておき、秋田駅前は寂しい限りなので、少しは集客の一手となってもらいたいところです。

でも、日赤跡地の再開発はどうなのかなと思います。
全部把握しているわけではないので偉そうにいえませんが、最初にビルディングありきで進んでいるような印象。
そうはいっても、中通にはアトリオン、東口にはアルヴェという既存の公的箱物があるから、もう少し違う再開発の仕方があったようにも思います。
その辺、かつてアイデア募集に意見を出したことはありましたが、個人的には、今でも千秋公園から続く緑地空間にして、人々が街中で緑に触れてゆったりできるようなSpaceになればいいと思うのです。

沈黙

沈黙は金なり、とは誰がいっただろうか。
口数が少ないといわれる自分であるが、沈黙が金だと感じたことは皆無。
言うべきことを言うタイミング、言わなければならないタイミングはある し、それを逸してしまっては元も子もない、ということが最近ありました。
自分自身の口数の少なさは、考えていることを言葉として発するまでの処理が人より長くかかっているだけだったりもするけれど、後から考えて 「あのときこういっていれば」と思うことがしばしばあります。
そんな自分何とかならんかな~と思うけど、いかんともしがたくいままで来ております。
そして、今日は某面談で余計なことをしゃべりすぎた気がする一日でした 。

TV

子供達が大きくなって、理解力が出てきたので、生き物をテーマにした番組は家族で見るようにしてます。
情操教育になるし、父親的にも生き物好きなので面白いのです。
一緒に見て言えると、わらし達も純粋に驚き、楽しんでいる様子がこれまた面白い。
必然的にNHKの番組が多くなりますが、民放は余計な脚色が多くていまひとつ。
実体験ではないけれど、こうした感動を共有できる時間はきっといいことだと信じております。

重み

政治家やタレントなど、メディアに露出している面々が往々にして「失言」をすることが最近つとに多い気がする。 
そして決まって事後に「本心ではなかった」「言葉のあやで、言いたかったのは○△□・・・」と弁明するが、そんなはずはない。心の中でいつも思っているからこそ口をついて出るんだろうし、その何気ない一言が本心なのではないか。 
ましてや、そういった方々は発信力を売り物、道具にしてることを忘れていないか!? と、批判めいたことを連ねてしまったが、言葉の重みはどこでも同じ。自分自身の仕事や家庭でも同じ。 
人事ではなく自分自身に置き換えて、言葉の重みというものを改めて考えながら、今後言葉をつむいでいきたいものである。 
ミニ社説おわり

電脳2

イメージ
先日(脳内)閣議決定済みのノートPCが本日納品。
最終的に価格優先でモバイル端末とセットの格安販売モデルと思われるネットブック@ヤフオクで終着。
ネットブックも下火になり、性能が足りないとか言われてますが、ウェブブラウジング、HP更新とたまにDVD鑑賞の使い道なのでatomなネットブックで必要十分。
現行のモデルに搭載されているアイソレーションキーボードでないのは残念だけど、液晶が非光沢(ノングレア)だったのはよかった点。


明日の仕事も雨天で中止となったので、家庭内の無線環境を構築予定。ただ、妻の含み笑いが気になるところ。

電脳

イメージ
この頃、周囲でスマートフォンが流行っているようで、近しい友人もiphoneに変えたとテストメールくれたし、かみさん友達もiphoneに変える人がいるとのこと。 そんな中、ドコモでもダースベイダーがCMやってるスマートフォンが出たので気になってました(写真)。 折りしも、私の脳内閣議でモバイルPCの導入が閣議決定されていたこともあり、電池を買いにいったついでにちょっとだけ触診してきました(笑) 液晶綺麗、操作感良好、無線LAN使用可、となればノートPCの代替になるな~と思ったのですが、残念なことにTV電話が使用不可。 我が家ではたまに祖父母と孫がTV電話するので、この機能は外せないため導入は不可との結論。 まあ、仕事で携帯使う必要があってFOMAの新しい電池パックを入手したばっかりだったし、後ろ髪は引かれるけれど、、モバイルPCの物色に回帰。 そっちもあれこれ悩んで決め手にかけてたりしますが・・

里山

イメージ
実家の裏山。周囲と異なり珍しくブナが主体な林です。 実家で草刈しているので、そりゲレンデ周辺(笑)は保たれていますが、良く見るとミズナラの稚樹が多数広がっていて、林はじわりと広がろうとしています。 里山は人の手が入らないと維持できないんだよ、とは仕事柄良く聞く事象ですが、自身が体感してないとなかなか伝えきれないことのように思います。 だから、というわけではないですが、来春ぐらいからナラ伐採+キノコ植菌、草刈ぐらいからまずは実践してみようかと考え中。 よくよく思えば、この林の中にミニスキーのコースを作って遊んだこともあったな~。 大人になった今も同じようなことをしているので”原体験”の根っこは深いみたいです。